PURPLE

検索 search

PURPLE

金サジ

「物語」シリーズより
山に歩む舟

金サジ《永遠に歩く人々》 2022

会期: 2022年10月27日[木]-11月14日[月]
時間: 13:00-20:00[月・火・水・木・金] 11:00-19:00[土・日]※最終日は15:00までとなります。
入場料: 500円
協力: 株式会社 赤々舎、一般社団法人HAPS
文化庁「ARTS for the future! 2」補助対象事業

このたび、PURPLEでは京都を拠点に活動する金サジの個展「物語」シリーズより「山に歩む舟」を開催します。

「物語」は、金サジが日本国内において、民族、国籍、性別などといったアイデンティティを巡る問題について思考し続け、創出した作品群です。それぞれの写真は緻密なセットアップにより、存在の根源に触れ、時間を跨ぎ、営みや感情を掘り起こす、独自のストーリーを持った世界を創造しています。

今回は、2年ぶりの「物語」シリーズの新作発表の場であり、赤々舎から出版する新作写真集『物語』の予告の場でもあります。会場では、精緻なプリント作品に加えて、写真集の内容もご覧いただけます。

また、展覧会に併せて2つのトークイベントとパフォーマンスイベントを開催いたします。トークイベントには太平洋・アジアの歴史学とカルチュラルスタディーズ、アート、ジェンダースタディーズの専門家のグレッグ・ドボルザーグさん、日本に暮らす、アイヌルーツを持つアーティストのマユンキキさんをお招きし、日本国内のアイデンティティにおける社会性をテーマにお話をしいただきます。パフォーマンスイベントでは、金サジの写真作品にモデルとして出演したゲストや、インスピレーションを与えた豊かな身体表現を紹介できる場を提供します。

展示や本、イベントから多角的に金サジの作品を堪能いただけましたら幸いです。

PURPLE

金サジ|Sajik Kim

自身のコリアンディアスポラの身体的、精神的アイデンティティの「揺らぎ」をきっかけとして活動をはじめる。創作物語を演出写真の技法を用いて作品を制作。写真家として活動しながら、活動の一環として、韓国舞踊家、金一志の下に師事。韓国伝統芸能を学びながら、ディアスポラに代々継承されていく歴史・民族精神のトラウマから生まれる新たな可能性を探っている。現在、ロシアのサハリンのリサーチを日本サハリン協会等の協力を得ながら継続中。2020年度より多様なメンバーと映像作品「AMA~ウィルスとおよぐ~(https://vimeo.com/529318251)」を完成に向けて奮闘制作中。2016年度キヤノン写真新世紀グランプリ、令和3年度京都府文化賞奨励賞受賞。ホームページ http://kimsajik.com


関連記事