PURPLE

検索 search

PURPLE

中井菜央

雪の刻

  • 中井菜央《雪の刻》2018

会期:2022年6月11日[土]-7月3日[日]
時間: 13:00–20:00 [月・火・木・金]、11:00–19:00[土・日]
休廊: 水曜日

「津南町」(新潟県)は豪雪地の南限に近く、その多湿の雪は、昼は緩み夜は締まりを繰り返し、うねる大波のような造形でうず高く積もって、街も野も森も呑み込んでしまいます。空の雪雲は光を奪い、地の積雪は物音を吸い尽くし、屋外も室内も果てない静寂の中、時間が停留します。それを束の間破るのが屋根に凍った雪の滑落の轟音、そのときは時間も切迫しますが、それもこの地全体からすれば、極小の一点にすぎず、そのピンホールはたちまち雪に塞がれて、事の前以上に音も時間も絶えてしまいます。

四月も半ばを過ぎ、積雪の中に水の滴下の音が聞こえると春が始まります。程なくその空洞は随所に穴となり、そこからは時間が色彩と音と匂いと共に現れて身をよじるようにして疾駆、自然は一つに融合したかのように躍動します。

この地では雪が時間を律するのです。

洞穴の中には湧水の音が響き、それは四十年前の雪解け水が再び地表に現れたものです。その永い時間の音の残像に包まれて森を歩けば、地を這うように生える小木、常に揺れているようによじれて伸びる高木、そして不意に出現する廃村の跡形も、全てが時間の姿形と感じられます。雪は大気となり水となり、常に存在して時間を律し続けているのです。万物が今刻んでいる時間、かつて刻んだ時間……、あらゆる時間が重なり合って響となり、その無二の響があるところが「この地」です。

 

私は本作で、人が与えた地名も地境も消えた「この地」のビジョンで「雪が律する時間」を表現しようとしました。展示空間では、時間の渦巻くような流れとその響に包まれる感覚を共有したいと思っています。

 

中井菜央

 

 

 

展示している写真も含め、「雪の刻」「繡」の2つのシリーズのプリント販売も行っています。

 

「雪の刻」シリーズ

 

Print: アーカイバルピグメントプリント
Size: サイズフリー
Edition: 10

 

参考価格:

420×630mm シート¥200,000
+フレーム¥11,000
+アクリル¥18,000
200×300mm シート¥60,000
+フレーム¥5,000
+アクリル¥12,000

※200×300mmはed2までの販売です

 

 

 

「繡」シリーズ

 

Print: type C-print
Size: 415×520mm
Edition: 5

 

ed. 1 ¥70,000
2  ¥90,000
3  ¥110,000
4  ¥130,000
5  ¥150,000

 

+フレーム¥20,000

 

中井菜央|Nao Nakai

1978年、滋賀県に生まれる。2004年、写真家を志望し上京。2006年、日本写真芸術専門学校を卒業、作家活動を開始。個展の開催、グループ展の参加多数。主な個展に2014年「未明」銀座ニコンサロン(東京)、2018年「繡」Roonee 247 fine arts(東京)、2021年「破れる風景」津南町農と縄文の体験実習館(新潟)、2022年「雪の刻」横浜市民ギャラリーあざみ野(神奈川)などがある。 赤々舎より「繡」「雪の刻 / THE TIME RULED BY SNOW」を上梓。現在東京在住。 


 


View of the exhibition ©︎Yuki Moriya


関連記事