PURPLE

検索 search

PURPLE

川田喜久治

VORTEXのために

  • 川田喜久治 《満月 東京》 2018

会期: 2022年9月13日[火]–10月4日[火]
時間: 13:00–20:00 [月・火・木・金曜日]、11:00–19:00[土・日曜日]
休廊: 水曜日
協力: PGI

このたび、PURPLEでは川田喜久治による個展「VORTEXのために」を開催します。川田は60年を超えるキャリアを連綿と紡ぎ続ける、戦後の日本を代表する写真家のひとりです。

 

近年、川田がInstagramのアカウントにアップロードし続けている膨大な デジタル作品群から選ばれた252点により構成された写真集『Vortex』が、今夏出版されました。本展も写真集に収録されているイメージに、過去の作品を混在させた構成になっております。「Vortex(渦)」へ繋がる世界観を会場でご高覧いただけましたら幸いです。

 

PURPLE

川田喜久治|Kikuji Kawada

1933年茨城県生まれ。 1955年、新潮社に入社。1959年に新潮社を退社しフリーランスとなる。奈良原一高、東松照明、細江英公、佐藤明、丹野章らと共に写真エージェンシー「VIVO」(1959-61年)を設立。


敗戦という歴史の記憶を記号化するメタファーに満ちた作品「地図」を1965年に発表し、以来現在に至るまで、常に予兆に満ちた硬質で新しいイメージを表現し続けている。


自身の作品を「時代の中の特徴的なシーンと自分との関係をとらえて表現し、その時の可能な形でまとめ上げ、その積み重ねから一つのスタイルが生まれてくる」と語る。近年はインスタグラムにて写真への思考を巡らせながら、日々作品をアップし続けている。


 


 


View of the exhibition ©︎Daido Bro


関連記事